≫ 【驚愕】ペアーズ はたった1カ月で美女とデートできる!?

【男必見】LINE(ライン)の上手い返し方は○○力で決まる!

LINE

女性とのLINEのやり取りにあなたは困っていませんか?


「どのように返せば良いかわからない。」


「やり取りがずっと続く方法ってあるの?」


このような疑問を抱いたことが
あるかと思います。


そして今回、女性とのLINEで男が
女性に対して注意すべきLINEの返し方、
上手く返信するポイント
等を
話していきます。


これを読むことで、あなたはLINEの返信に困ることはなくなります!

LINE(ライン)の上手い返し方は○○力で決まる

LINEの返し方が上手いと言われる人は、○○力が高いと言われています。
○○力とは一体何なのか?あなたはわかりますか?

ずばり、質問力です。

LINEの返信で一番意識してほしいのは質問です。
ただ、簡単に質問すればいいというわけではありません。

意識してほしいポイントがあります。
その解説を話していく前に、なぜ質問が大事なのか軽く説明しておきます。

なぜ質問することが大事なのか?

なぜ質問することが大事なのか、それは質問をする側質問に答える側

あなたはどちらが大変だと思いますか?

ほとんどの方は、質問をする方が大変だと答えるでしょう。

例えば、想像してほしいのですが

街頭インタビューで、街の人に向けて質問を考える側は
色々なことを考慮しなければなりません。

「この質問は失礼じゃないかな?」
「この状況でこの質問はおかしいかな?」etc…

このように、質問をするということは意外と神経を使います。

逆に答える側は、ただ相手の質問に対して自分の事実を述べるだけです。
答えが正解か間違いかは本人のみが知ることで、相手には関係がありません。

なので、どちらかと言えば質問に答える方が楽で
質問する方が大変だと言えるでしょう。

つまり、女性に質問を考えさせるという大変なことをさせずに
自分(男性側)が質問をするという役回りに立つことが大事だというわけです。

モテる男性は女性には負担を軽くするという意識が
LINEのやり取り以外でもしっかりできています。

なので、あなたも女性の負担を軽くする(男性側が質問をしてあげる)ことを
意識してみてください!

次に質問する際に意識してほしいポイントを解説します。

質問するときのポイント

質問の重要性も分かっていただけたかと思います。
しかし、ただ質問するだけではダメです。
質問をする際に意識してほしいポイントがあります。
これから、そこの解説をしたいと思います。

質問する前に相手の言葉を繰り返す

自分が質問をした後に、相手はその質問に答えます。
その答えたことにまずは、しっかり反応してあげることが大切です。

反応というのはとくに難しいことではありません。

相手の言葉を繰り返すだけで大丈夫です!
そのあとに、質問というパターンです。

相手の返事に反応(相手の言葉を繰り返すだけでOK)
     


→そのあとに、また新たな質問をする

すぐに質問をぶっこむのは危険です。

相手が「自分の話に興味がないのかな?」と思ってしまいます。
質問しかしてないのは、ただの質問botです。

相手の返した言葉の”喜び”や”悲しみ”などの感情に自分自身が共感する
反応を言葉にしてあげることが求められます。

文章だけの説明ではわかりにくいと思うので、
LINEの例文で良い例と悪い例を解説します。

まずは悪い例から見てみましょう。

悪い例

DT君
DT君

昨日観た映画、面白かった?

クラスの美女
クラスの美女

うん!すっごい面白かった^ ^

DT君
DT君

ラストシーンどうなるの?

この男の人はどこが悪いのかわかりますか?

先ほど述べた通り、女性の返した言葉にまったく反応していないのが問題点です。

質問をするのは良いのですが、まずは相手の言葉に反応してあげる必要があります。

リアクションが薄いと「私のことには興味がないんだろうな」と思われます。

次に良い例を見てみましょう。

良い例

モテ男
モテ男

昨日観た映画、面白かった?

クラスの美女
クラスの美女

うん!すっごい面白かった^ ^

モテ男
モテ男

へぇ!すごい面白いんだ♪( ´▽`)
ラストシーンはどうなるの?

悪い例との違いがよくわかりますか?

良い例の方は相手の答えた言葉にしっかり反応しています。

ただ、同じ言葉を繰り返しているだけですが相手に与える印象はかなり違います。

しっかり《相手の答えに反応→また質問》というパターンができたいます。

それに、相手が顔文字を使っているのをみて男性も顔文字を使っています。

これは大きなプラスポイントです。

相手がよく顔文字を使う人なら顔文字を、スタンプをよく使う人にはスタンプを、
というように相手の文章スタイルに合わせた返答をすることは非常に効果的です!

これもLINEの返信テクニックなので、しっかり覚えておくことをオススメします。

私は相手が語尾に”w”を付けると私も語尾に”w”を付けます。
また別の相手の語尾が”笑”だった場合、私も”笑”を語尾に付けます。

このように細かいことでも、相手に合わせることがとても大事です。

これは「ミラーリング」という手法で、相手の仕草、言葉遣いなど
自分が真似て好感度を高める心理テクニックです。

お互いが似ていると感じると好感度は高まることが分かっています。
ぜひ恋愛に「ミラーリング」を駆使しましょう!

YES・NOで答えらない質問をする

質問をする際にYES・NOで答えられる質問をしてはいけません。

例えば、「今日、朝ごはん食べた?」と質問すると、

「うん、食べた。」で終わってしまいます。

それだと質問をもう一度考えださないといけないので、会話を続けるのには苦労します。
なので、YES・NOで答えられる質問は自分を苦しめることになるので極力避けましょう。

DT君
DT君

避けるって言っても、どのように
質問すればいいのか分からないんだけど・・・

このような疑問を持つ方も多いかと思います。
でも安心してください!
あることを意識すれば簡単に質問を組み立てることができます。

質問を組み立てる時は5W1Hを意識する

質問を組み立てる時に5W1Hを意識してあげると
YES・NOで返事が来ることがなくなります。

5W1Hとは
5W1Hを使えば、仕事がサクサク!段取り力アップ。使い方と事例を解説! - 福岡

中学の頃の英語で習った5つのW(what,who,when,where,why)と
1つのH(how)を5W1Hと呼んでいましたね。

これをLINEで質問する時に意識してみてください!

例えば、先ほどの「今日、朝ごはん食べた?」
という質問を5W1Hを意識して質問を組み立ててみてください。

Who →「今日、誰と朝ごはん食べた?」

When →「今日、いつ朝ごはん食べた?」

Where →「今日、どこで朝ごはん食べた?」

What →「今日、何の朝ごはん食べた?」

Why →「今日、なぜ朝ごはん食べた?」

How →「今日、どのように朝ごはん食べた?」

このように文章に応じて、5W1H のどれかを使えば
YES・NOで返事が返ってくることがないので、
質問を考えるのに困ることなく楽にやり取りができます。

5W1H でどんどん話を深掘りしていけるので
話のネタ困ることも少なくなるので、上手く利用してみてください!

まとめ

LINEの上手い返し方は質問力で決まることがわかりました。
質問をする側かされる側ならば、する側の方が大変なので
男が率先して質問を投げかけることが大切だと話しました。

相手の返事に反応(相手の言葉を繰り返すだけでOK)



そのあとに、また新たな質問をする

というパターンを繰り返してトークを続けましょう!

相手の返事に反応する際のポイントは相手を真似る「ミラーリング」
という心理テクニックを駆使するのがポイントでしたね。

YES・NOで返事が返ってくる質問はNGで
5W1Hを使って質問を組み立てることを意識しましょう。

これらのテクニック、ポイントはLINEだけでなく
SNSのDMやマッチングアプリでも応用できます。

是非使いこなしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました